So-net無料ブログ作成
検索選択
写真 撮り方 ブログトップ
前の5件 | -

一眼レフ月の写真撮り方のコツ [写真 撮り方]

月.jpg


月の写真の撮り方はポイント抑えると 簡単^^

毎日のように空にいるお月さま
あたりまえ過ぎる光景なので
写真に撮る機会は少ないのでは??

でも、お月さまを写真で撮ってきれいに
写せたら楽しいですよね^^

基本は光が少ない状態での撮影
お月さまをキレイに撮るいくつかの
ポイントを紹介します。

月の撮影は基本的には夜だと思います
夜は光の量が少ないです。

その状態でオートで月の写真を撮ろうとすると
カメラが光のバランスを調整するので
月が白っぽく写ってしまいます。

なので、マニュアルモードに設定して下さい。

・光が少ない場所での設定
暗い場所での撮影になるので
F値(絞り)を調整すると良いです。
絞りはF8くらいを基準にして
大きくしたり小さくしたりして
写真の撮れ方を確認して調整してください。

・シャッタースピードの調整
シャッタースピードの長さを変更して
調整することでうまく月を撮れるようになります。
3秒あけたり5秒あけたりそれ以上長くしたりと
調整して自分の感覚でキレイだと思う
シャッタースピードを探して撮影する
ことがポイントになります。

・月までの距離はかなりある
お月さまはご存じだと思いますが
かなり遠くにあります^^
望遠レンズがあるとお月さまを
より綺麗に撮影することができます
望遠レンズがなくても入門モデルの
ダブルズームキットでも対応できます。

・三脚があるとより便利
シャッタースピードを調整して
長くシャッターを開けていると
どうしても手が震えます。
すると写真がボケるので
カメラを固定するのがポイントに
なります。
三脚がなければ
カメラを固定できるようにして
撮影するといいですね。

月だけを写さない
周りの景色と月を一緒に撮影する
のも月写真の魅力です。
お月さまのクレーターを大きく
写すのもいいですが、周りの景色と
写すのも風情が出て良い写真になりますよ

以上、月の写真の撮り方のポイントを
いくつか紹介しました。

水族館の写真の撮り方 [写真 撮り方]

エイ.jpg

水族館での写真は難しい??
水族館は海の中が基本になっているので
暗いです。カメラにとっては明かりのない
状態、暗さはなかなの強敵です。
他にも、水族館での写真の撮り方は
普段とはちがったところに気をつけて
写真を撮らないとうまく写せません
いくつか撮り方を紹介していきます。

・暗さに対応する
上記でも述べましたが水族館のなかは
とにかく暗いです。かといってフラッシュ
たいてしまうと反射して綺麗に撮影することが
できなくなります。ですからISO感度を
上げて撮影するのがコツになります。
感度を上げるとシャッタースピードを速くできる
ので手ブレの予防にもなります。

ISO感度がわからない人は
デジタル一眼レフISOとは何か??
の記事で紹介していますので参考にどうぞ

・シャッタースピードの調整
シャッタースピードがあまり
遅すぎるとじっとはしてられないので
手ブレを起こします。
動いてる被写体を撮影するのなら
ピンボケした写真になりやすいです。
シャッタースピードを1/100~1/30秒くらいに
設定しておくと手ブレが予防できるでしょう。

・近づいて撮影する
水族館なので被写体が水槽の中にいます
するとどうしても光の反射や水槽に写った物が
入ってしまったりします。邪魔なものが
写りこまないようにできるだけレンズを
近づけるのが水槽の中の被写体の撮り方の
ポイントになります。
あとレンズと水槽のガラスが真っ直ぐ
向かい合う状態で撮影します。
ガラスに対して斜め向いてたりすると
魚が歪んで写ったり、余計なものが
写り込んでしまいます。

・色合いを調節する
ホワイトバランスを調整して
撮影するのもポイントになります。
自然光の入る水槽では問題ないですが、
光の弱い場所での撮影になるので
見た目とずいぶん違った写真に
なる場合が多いです。
そこで、ホワイトバランスを調整すると
青色が強調されたり赤色が強調される
写真が撮れるのでその場の状況で
バランスを調整して一番よいと感じる
ところに調整してみてください。

以上、いくつかのポイントを紹介
しましたが水族館での写真の撮り方の
参考になれば幸いです。
コメント(0) 

風景写真の撮り方 [写真 撮り方]

湘南の夜明け.jpg

ただ撮るでけではパッとしない!?

美しい風景やきれいな風景を見ると
感動する時がありますよね
でも、ただカメラを向けて写真を撮るだけでは
ありきたりな一枚になってませんか?
折角、きれいな景色や風景を写真に撮るなら
素敵な一枚を撮りたいですよね?
風景写真の撮り方のポイントを紹介してみます。

撮り方ポイントをおさえて違ったものに
いくつかのポイントをおさえると
風景写真がぐんとよくなります。

・景色の全体をフレームに入れようとしない
よくやってしまうのが目に見えている景色全体を
写真に撮ろうとしてしまうことです。写せる範囲は
決まっているので全体を入れることはできません。
全体を撮ってしまうと何に感動した写真なのかわかり
辛くなりとてもぼやけた(ピントではなくテーマの)
写真になってしまいます。
ですから、何に感動したかを感じてそのポイントを
ピックアップして撮影しましょう。
これだけで何を撮りたいかが明確になって
ぼやけた写真ではなくなります。

・真ん中に持って来すぎない!!
なんでもかんでも写真の真ん中に写してしまうと
写真がありきたりになります。
大きな空の写真で広がりのある写真なら
空を多めに地面や水面などを少なめに配置した
写真を撮ります。反対の場合は逆です。

・風景全体にピントを合わせる
絞りの値(F値)を真ん中くらい8~9に
すると全体にピントが合うのでシャープ
風景写真を撮る事ができます。
風景全体にピントが合い広々とした
景色の写真が撮れます

・手前の木や対象物にピントを合わせる
絞りの値(F値)を小さくすると
焦点をあてたところにピントが合うので
手前の木をハッキリと撮影して空をぼかす
のであれば有効です。
ただ、広い景色を撮影するのであれば奥の方を
ぼかしてしまうとあまり広さは伝わらないでしょう。

・時間帯を変えてみる
同じ場所で撮影しても時間帯によって
色合いが変わるのでまた全然違う雰囲気の
景色の写真が撮れますよ
自然光のライトアップで色々なパターンの
風景写真がとれます。
*山の風景写真の場合は夕方以降の撮影は
やめて下さいたいへん危険です。

ホワイトバランスを調整する
ホワイトバランスで色の調整ができる
カメラであれば、色々変更して写真を撮るのも
おもしろいですよ。数値を変えて写真を撮影
することで味わいの違った写真が撮れます。

いくつか風景写真の撮り方のポイントを
紹介してみました。
楽しく風景写真が撮れるよう参考に
なれば幸いです。

風景写真がうまく撮れるように
なると色々な場所に行って撮影してみたく
なって出かける楽しみが増えますよ^^
コメント(0) 

赤ちゃんの写真 撮り方 [写真 撮り方]

赤ちゃん2.jpg


成長の記録にもってこい^^
赤ちゃんの成長速度はとても早いので
写真に撮って残しておくと赤ちゃんの
成長の過程がわかってとても楽しいですね
どんどん写真を撮ってあげると赤ちゃんとの
コミュニケーションにも最適ですよ


赤ちゃんの撮り方のコツ

いくつかの写真の撮り方のポイント
つかむと赤ちゃんの写真がぐっとよいもの
になりますよ^^

フラッシュは使わない

赤ちゃんの肌の雰囲気や感じを
出そうと思えばストロボは使用せずに
なるべく明るい(自然光)で撮るといいです
そうすれば、赤ちゃんの肌の感触が伝わる
写真に近づきます。

目線を試してみる

大人の目線からカメラを向けると
どうしても上からの視点になりますよね?
たとえば、添い寝してる状態や赤ちゃんと
同じ目線で撮影するといつもみてる
視界とちがった写真になるので赤ちゃんの
表情の捉え方に変化がでます。
色々な位置から赤ちゃんの写真を撮って
可愛らしい瞬間が撮れるよう楽しんで下さい。

背景に気を使う

赤ちゃんに気を取られて背景に
余計なものが入ってしまうと
主役の赤ちゃんの邪魔になります
すっきりとした風景や対象物をおいて
あかちゃんとの大きさの比較に使うのも
ひとつの方法です。
色もピンク系のものを設置したり
グリーン系のものなど赤ちゃんの肌の色が
素敵な感じに写るものを探しながら撮影するのも
楽しいですよ^^

機嫌が悪くても気にしない^^

あかちゃんはとても素直なので
機嫌が悪いと泣きます(笑)ですが、
そこで泣きやますのではなく泣いて
しわくちゃの顔やもうすぐ泣き始める顔
すべてがシャッターチャンスです。
泣いてるあかちゃんを撮影するのは
少し気がひけますが、そこは心を鬼にして^^
シャッターをきって下さい(笑)

パーツにピックアップ

かわいいのでどうしても赤ちゃん全体を
写真に入れようとしてしまうものですが
小さい手や足に注目して撮影するのも
撮り方のひとつです。
ママの手と比較して写真を撮ると小さな赤ちゃんの
手が強調されてとても可愛く写されます^^
ぜひ色々なパーツごとの写真も撮ってみる
ことをおすすめします♪

などなど、いくつか赤ちゃんの写真の撮り方を
紹介しましたが、参考になれば幸いです。


おもしろい写真の撮り方もある

他にもおもしろい赤ちゃんの写真を撮る方法を
紹介してるサイトがありましたので
アドレスを載せておきます

http://m3q.jp/t/1763 ←こちらのサイトです

正解はない

赤ちゃんの写真の撮り方をいくつか
紹介しておきましたが、撮り方に正解は
ないので子供さんが少し大きくなった時や
将来、ふと写真を見た時に「わあこんな写真あったね♪」
なんて言えるととても楽しいと思います。
色々な写真を試してみて素敵な一枚が撮れることを
願っています。
コメント(0) 

運動会 写真の撮り方 [写真 撮り方]

運動会写真、うまく撮りたいですよね^^

日頃は見れない、運動会での
子供さんの姿はその時だけしか
ありません。折角だと良い写真が
撮りたいですよね。
運動会の競技によっては近くで
することもあるでしょうが、
離れた場所での競技もあると思います。


運動会での写真の撮り方のポイント
を紹介します。

メインの競技は何かを決めておく
自分の子供さんの出るプログラムを
把握しておいて、撮影する場所を確保して
おくことがかなり重要になります。
競技によってどのポイントに子供さんが
表れるのかをある程度、想定して撮影すると
フレーズ内に収める確率がぐっとあがります。
まずは、場所取り。

動きにあわせた写真を撮る
カメラを被写体の動きにあわせて
動かしながら写真を撮影します。
シャッタースピードを低く調節して
撮ると動きのある写真も撮れるので
おもしろいですよ。
難易度は高いですが練習する価値は
多いにあります。

アップにし過ぎない
わが子の写真を撮ろうとして
どうしても写真が寄ってしまいます
表情を撮るのはいいですが、その時が
どんなシーンだったかも撮影できれば
なお、いい思い出の写真になります。
例えば、騎馬戦や徒競走など周りの競争相手も
写ってるとどんな状況だったとか
組み体操ではどんなピラミッドは何段のもの
だったとか、子供さんのアップも大事ですが
どこに居たのかを写すとまた面白い写真になります。

運動会の写真がいいものになりますように。

ここからは

あると便利な物を紹介します。

・レンズ

遠近で使用できるレンズを
用意しておくと便利です。
運動場は目で見るとわりと
近くに感じるかもしれませんが、
カメラで見ると子供さんがとても
小さくなります。近くしか写せないレンズだと
いちいち付け替えするのはかなりの手間に
なります。遠近両用のレンズだと
その心配もかなり軽減されます。

・記録するメモリー

大きめの容量のものをおススメします。
競技に出てる時だけが、シャッターチャンスでは
ないです。人の競技を自分の席で応援してる
子供さんや、友達と一緒に写すなど
たくさん写真を撮ると記録するメモリーは
容量の大きな物を用意しておくといいですよ

・三脚

カメラを持つ手はどうしても
ブレてしまいますので、三脚を用意してると
安定した状態で子供さんを写せるので
便利なアイテムのひとつです。

・脚立

可能であれば脚立を用意してると
とても重宝します。
目線と同じ高さのところに
日傘など余計なものが写真に入りこむ
からです。少し高い目線から写真を
撮影するだけで、被写体意外のものを
写さないですむのでとてもおすすめです

最後に


練習しないといきなり良い写真は撮れない

撮り方がわかっていても
ある程度はカメラに慣れないと
うまく写真を撮ることはできないです。
運動会本番にいきなり写真撮影に臨むより
少し前から子供さんの走ってる姿や動きに
合わせた写真を撮る練習をしてから
運動会で写真を撮ることをおすすめします。
そうすれば、運動会での子供さんの成長の
姿や活躍を記録した思い出の写真が撮れる
ようになりますよ^^

コメント(0) 
前の5件 | - 写真 撮り方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。