So-net無料ブログ作成
赤ちゃんの撮り方 ブログトップ

かわいい泣き顔を写真に撮っておく!! [赤ちゃんの撮り方]

赤ちゃん泣き顔.jpg


赤ちゃんの写真の撮り方の方法のひとつに
笑顔を撮るのではなく泣き顔も写真に撮っておく!!
というのもおすすめです!

ついつい可愛いところを撮影しようと想って
笑顔のポーズを狙ってしまいがちですが
赤ちゃんの泣き顔もすごく魅力的です!!

赤ちゃんの泣き顔って自己を表現する中でも
最大級です!
まだ、言葉を話せない赤ちゃんの最大の
自己表現の時を写真に撮っておかないのは
もったいないです^^

成長の記録として赤ちゃんの泣き顔も写真に
撮って残しておきましょう!!

中には「赤ちゃんが泣いてるところなんて!」
という意見を持つ人もいるようですが

怒った顔も泣いた顔も、どれもすべてか可愛く
愛おしい瞬間です!!

良いときも悪い時もすべてが思い出となります!
その時の瞬間はもう2度と訪れることはないし
その瞬間瞬間がとっても大切な時間です!

赤ちゃんの写真の撮り方として泣き顔を撮影して
おくのはおすすめです!

また、写真が出来上がったあとに
コメントを残しておくと、あとから写真を見た
時に「この時はこんな理由で泣いてたよ♪」
などと思い出しやすいのでおすすめです。
きっと、会話もはずみますよーー!

子供さんが大きくなって来た時にその写真を見て
自分が愛情を持って育てられてということを実感される
と思いますよーー!!

今回は赤ちゃんの写真の撮り方として笑顔だけ
ではなく泣き顔も撮っておくと面白いということを
お伝えしました♪


思い出に残る写真のとり方はこちら

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット

赤ちゃんの撮り方(新生児)は入浴時を撮影!! [赤ちゃんの撮り方]

沐浴シーン.jpg


赤ちゃんを撮影するのにおすすめなのが入浴時です!!

新生児にしか撮影することができない沐浴!

大きくなると裸になって撮影することって
本当になくなります!

新生児にしか撮ることのできない体の撮影を
しておくと、後で写真をみた時に可愛らしい
表情やその時の雰囲気が蘇るのでとってもおすすめです^^

赤ちゃん本人だけの写真ではなく新米のパパやママの
育児に奮闘する姿を撮影しておくのもとてもおすすめです!

その時の家族の表情を見ることができます。
また、この頃の赤ちゃんは基本的に寝るのがお仕事!!

なので、動きのある写真を撮影するのにも
持って来いのシチュエーションになります!!

成長過程を残しておくことにしても
とってもいいですよ♪

ぜひ、可愛い沐浴シーンを撮影してみてくだいね♪

感動を与える写真の撮り方が簡単に学べる教材はこちら

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット

一眼レフ 赤ちゃん おすすめ撮り方 その3 [赤ちゃんの撮り方]

一眼レフで赤ちゃんを撮影するときにおすすめなのが

近寄って撮ることです。

近寄って撮るのは何故なのか??

それは、赤ちゃんの全体を写そうとすると赤ちゃんの

何を撮ろうとしたのかが、後でわかりにくく結局

ふつうの写真の一枚として残るだけのパターンが多い

からです。もちろん、その時の赤ちゃんの姿や表情を残して

おくということなのでそれでも、「良いんだ」と

言われると反論はできませんが^^

赤ちゃんの体のパーツの一部分に焦点を絞って撮影すると

足のしわであるとか可愛い赤ちゃんの瞳など

思わぬ、ベストショットが撮れたりしますのでおすすめです。

手だけとか足だけの写真を撮ると今までとずいぶんと

違った写真が撮れるようになると思いますよ。




⇒3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット


共通テーマ:趣味・カルチャー

一眼レフ 赤ちゃん おすすめ撮り方 [赤ちゃんの撮り方]

赤ちゃんを撮影する時は本人がまだまだ小さいので


寝ころんだ状態やハイハイをしてる状態だと思いますので


屋内で撮影するケースが多いと思います。


そこで、写真を撮影するときに注意するのが光の加減が


ポイントではないでしょうか?


外に比べると光の量が少なくなるのでどうしても


暗くなってしまいますよね?


かといって、フラッシュを使って撮るといかにも


フラッシュをたいた写真って感じになります。


せっかく、可愛い赤ちゃんをとるのであれば


素敵な写真を撮りたいですよね。。


なので、出来るだけ外などの自然な光が入りやすい


場所でフラッシュをたかずに撮影されるのがおすすめでは


ないでしょうか。


あと、フラッシュを使わないで撮影したときには


シャッターが遅くなるので手ブレする事が多いと


思います。なので、やっぱり光の入り易い場所で


撮られることをおすすめします。












共通テーマ:趣味・カルチャー
赤ちゃんの撮り方 ブログトップ