So-net無料ブログ作成
検索選択
赤ちゃん おすすめ 撮り方 ブログトップ

一眼レフ 赤ちゃん おすすめ撮り方 その3 [赤ちゃん おすすめ 撮り方]

一眼レフで赤ちゃん撮影するときにおすすめなのが

近寄って撮ることです。

近寄って撮るのは何故なのか??

それは、赤ちゃんの全体を写そうとすると赤ちゃんの

何を撮ろうとしたのかが、後でわかりにくく結局

ふつうの写真の一枚として残るだけのパターンが多い

からです。もちろん、その時の赤ちゃんの姿や表情を残して

おくということなのでそれでも、「良いんだ」と

言われると反論はできませんが^^

赤ちゃんの体のパーツの一部分に焦点を絞って撮影すると

足のしわであるとか可愛い赤ちゃんの瞳など

思わぬ、ベストショットが撮れたりしますのでおすすめです。

手だけとか足だけの写真を撮ると今までとずいぶんと

違った写真が撮れるようになると思いますよ。




⇒3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット


共通テーマ:趣味・カルチャー

一眼レフ 赤ちゃん おすすめ撮り方 [赤ちゃん おすすめ 撮り方]

赤ちゃん撮影する時は本人がまだまだ小さいので


寝ころんだ状態やハイハイをしてる状態だと思いますので


屋内で撮影するケースが多いと思います。


そこで、写真を撮影するときに注意するのが光の加減が


ポイントではないでしょうか?


外に比べると光の量が少なくなるのでどうしても


暗くなってしまいますよね?


かといって、フラッシュを使って撮るといかにも


フラッシュをたいた写真って感じになります。


せっかく、可愛い赤ちゃんをとるのであれば


素敵な写真を撮りたいですよね。。


なので、出来るだけ外などの自然な光が入りやすい


場所でフラッシュをたかずに撮影されるのがおすすめでは


ないでしょうか。


あと、フラッシュを使わないで撮影したときには


シャッターが遅くなるので手ブレする事が多いと


思います。なので、やっぱり光の入り易い場所で


撮られることをおすすめします。












共通テーマ:趣味・カルチャー
赤ちゃん おすすめ 撮り方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。