So-net無料ブログ作成
-| 2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

一眼レフ シャッタースピードとはどんな物?? [シャッタースピード]

「シャッタースピードとは」


シャッタースピード(速度)を
説明すると光をイメージセンサーに
当てる時間のことになります。
露出時間という言い方をする場合も
あります。
簡単に説明すると
シャッターが開いてる時間と
イメージしてもらうと
解りやすいかでしょうか。
露出をコントロールするための
時間という事で
シャッターが開いてる時間が
長くなると入る光の量が多くなり
短くなると入る光の量が少なく
なります。
光を当てる時間が短いと
[シャッタースピードが速い]といい
光を当てる時間が長いと
[シャッタースピードが遅い]といいます。

「シャッタースピード使い方」

例えば、明るい日中の屋外であると
光がたくさんあります
反対に薄暗い夕暮れに撮影すると
光は少なくなります。
この2つの場合でも
光の量(明るさ)は全然違います。
明るい場所でシャッタースピードが遅いと
光が入り過ぎてしまい撮った写真はまぶしくて
真っ白になってしまいます。
逆に暗い場所でシャッタースピードを
速くしてしまうと、十分な光が入らないので
真っ黒な写真となります。

おおまかに、シャッタースピードの
使い方が分かったかと思います。


「コンデジ シャッタースピード」


コンデジにもシャッタースピードを
調整できるタイプがあり速度を変更
することは可能です。
しかし、コンデジを使用して屋内などで
スポーツ競技をしてるところを写真に
撮るのは実際には難しいかと思います。
シャッタースピードを速くして写真を
撮ると画質がかなり粗くなってしまい
ISO1600くらいにしてしまうと
おそらく画質はボロボロに
なってしまうのでしょう!?

コンデジでのシャッタースピードを
変更して屋内での撮影は向いてない
といえると感じます。


「シャッタースピードできる事」


シャッタースピードを変更して
出来ることは露出(明るさ)に対して
だけではありません。

シャッター速度の変更によって
被写体が動いている物と
動いていない物を撮影する時にも
役に立ちます。

例えば、被写体が動いていると
シャッタースピードを速くすることで
被写体を止めて写すことができます。
動いている被写体を写す時に
シャッター速度が遅いと被写体が
ブレて写ってしまいます。
*わざと被写体をブレさせると動きのある写真になります。

上記のように、動いている被写体の表現を
しようと思った場合にはシャッタースピードを
変えることで動きのある写真が可能になります。

いずれも、カメラを楽しんで使っていくうちに
上達していくとますます、カメラが楽しくなるでしょう^^

共通テーマ:趣味・カルチャー

一眼レフ 赤ちゃん おすすめ撮り方 その3 [赤ちゃんの撮り方]

一眼レフで赤ちゃんを撮影するときにおすすめなのが

近寄って撮ることです。

近寄って撮るのは何故なのか??

それは、赤ちゃんの全体を写そうとすると赤ちゃんの

何を撮ろうとしたのかが、後でわかりにくく結局

ふつうの写真の一枚として残るだけのパターンが多い

からです。もちろん、その時の赤ちゃんの姿や表情を残して

おくということなのでそれでも、「良いんだ」と

言われると反論はできませんが^^

赤ちゃんの体のパーツの一部分に焦点を絞って撮影すると

足のしわであるとか可愛い赤ちゃんの瞳など

思わぬ、ベストショットが撮れたりしますのでおすすめです。

手だけとか足だけの写真を撮ると今までとずいぶんと

違った写真が撮れるようになると思いますよ。




⇒3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット


共通テーマ:趣味・カルチャー

一眼レフ 赤ちゃん おすすめ撮り方 [赤ちゃんの撮り方]

赤ちゃんを撮影する時は本人がまだまだ小さいので


寝ころんだ状態やハイハイをしてる状態だと思いますので


屋内で撮影するケースが多いと思います。


そこで、写真を撮影するときに注意するのが光の加減が


ポイントではないでしょうか?


外に比べると光の量が少なくなるのでどうしても


暗くなってしまいますよね?


かといって、フラッシュを使って撮るといかにも


フラッシュをたいた写真って感じになります。


せっかく、可愛い赤ちゃんをとるのであれば


素敵な写真を撮りたいですよね。。


なので、出来るだけ外などの自然な光が入りやすい


場所でフラッシュをたかずに撮影されるのがおすすめでは


ないでしょうか。


あと、フラッシュを使わないで撮影したときには


シャッターが遅くなるので手ブレする事が多いと


思います。なので、やっぱり光の入り易い場所で


撮られることをおすすめします。












共通テーマ:趣味・カルチャー

一眼レフ スポーツモード 上達方法 [モード]

一般的には多くの方が写真を撮影するときに

使用しているのはオートモードではないでしょうか?

そして、オートモードから切り換えることなく

日頃はずっとそのままの状態で写真を撮っている

そんな感じだと思います。

なので少し、動きのある写真を撮るのに

スポーツモードで撮影すれば同じようにちゃんとした

写真が撮れるとおもっていたら撮れた写真を見てみると

肝心の被写体がピンボケで残念・・・

なんて事あるんではないでしょうか?

単純にスポーツモードに切り替えても

うまく写真は撮れないです。

やっぱり上達するにはその設定で練習をしないと

うまくはなりません。

プロの方でも写真を1枚や2枚撮って

それで終わりというのではないんです。

たくさん撮って、良い写真を撮るために結構

しつこく撮影するんです。

そして たくさん撮影した中から出来の良い写真を

ピックアップするそうです。

なので、我々のような素人が上達するにはもっとたくさん

撮るつもりでもいいかも知れませんね^^

プロのような写真を撮影する心構えを

学ぶのに参考になるサイトがありますよ


⇒3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット


-|2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。