So-net無料ブログ作成

一眼レフの構え方を正しく覚える簡単なコツとポイント!! [構え方]

一眼レフの構え方ってけっこう大事です
構えがしっかりしていないと写真がぶれてしまったり
せっかくの高機能な一眼レフの性能を台無しに
してしまいます。
構えがしっかりしているとカメラを安定して
持ちやすくなるのでいい写真を撮れる確率が
ぐんと上がります^^
それでは、一眼レフの構え方を
紹介したいと思います。


構える時の足の幅をみなおそう!
カメラを安定させるためには自分の体を安定させる
必要があるので足の位置が大事です。
肩幅くらいに広げるなどして自分の体が
いちばん安定する足の位置をみつけましょう^^
低い被写体を撮影するときは膝をついても
いいし、自分の体を安定させることができる
足の位置を覚えておきましょう。

次にカメラの持ち方です。
カメラを持つ手が不安定だとこれまた
写真がぶれてしまいます。
コンパクトカメラを持つ時のような手の形ではなく
脇をしめて一眼レフのレンズを下から左手で
しっかりと支えるように持ってあげて
右手は本体を握ります。シャッターに置く指は
力を入れ過ぎるとシャッターを切る時に
ぶれるので軽くそえる感じです。

あとは体を固定できるところがあれば
利用しましょう^^
たとえば壁があるのなら持たれかかる
三脚を立てれるのであれば使う
手すりやガードレールなどカメラを
固定できる物があって利用できそうなら
使う!そうやってその場にあるものを
利用して写真を撮ることができるように
なれば色々なシーンで役にたちますよ

楽しみながら一眼レフの構え方を
覚えて行ってくださいね~


共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。