So-net無料ブログ作成

一眼レフ月の写真撮り方のコツ [写真 撮り方]

月.jpg


月の写真の撮り方はポイントを抑えると 簡単^^

毎日のように空にいるお月さま
あたりまえ過ぎる光景なので
写真に撮る機会は少ないのでは??

でも、お月さまを写真で撮ってきれいに
写せたら楽しいですよね^^

基本は光が少ない状態での撮影
お月さまをキレイに撮るいくつかの
ポイントを紹介します。

月の撮影は基本的には夜だと思います
夜は光の量が少ないです。

その状態でオートで月の写真を撮ろうとすると
カメラが光のバランスを調整するので
月が白っぽく写ってしまいます。

なので、マニュアルモードに設定して下さい。

・光が少ない場所での設定
暗い場所での撮影になるので
F値(絞り)を調整すると良いです。
絞りはF8くらいを基準にして
大きくしたり小さくしたりして
写真の撮れ方を確認して調整してください。

・シャッタースピードの調整
シャッタースピードの長さを変更して
調整することでうまく月を撮れるようになります。
3秒あけたり5秒あけたりそれ以上長くしたりと
調整して自分の感覚でキレイだと思う
シャッタースピードを探して撮影する
ことがポイントになります。

・月までの距離はかなりある
お月さまはご存じだと思いますが
かなり遠くにあります^^
望遠レンズがあるとお月さまを
より綺麗に撮影することができます
望遠レンズがなくても入門モデルの
ダブルズームキットでも対応できます。

・三脚があるとより便利
シャッタースピードを調整して
長くシャッターを開けていると
どうしても手が震えます。
すると写真がボケるので
カメラを固定するのがポイントに
なります。
三脚がなければ
カメラを固定できるようにして
撮影するといいですね。

月だけを写さない
周りの景色と月を一緒に撮影する
のも月写真の魅力です。
お月さまのクレーターを大きく
写すのもいいですが、周りの景色と
写すのも風情が出て良い写真になりますよ

以上、月の写真の撮り方のポイントを
いくつか紹介しました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。