So-net無料ブログ作成

風景写真の撮り方 [写真 撮り方]

湘南の夜明け.jpg

ただ撮るでけではパッとしない!?

美しい風景やきれいな風景を見ると
感動する時がありますよね
でも、ただカメラを向けて写真を撮るだけでは
ありきたりな一枚になってませんか?
折角、きれいな景色や風景を写真に撮るなら
素敵な一枚を撮りたいですよね?
風景写真の撮り方のポイントを紹介してみます。

撮り方ポイントをおさえて違ったものに
いくつかのポイントをおさえると
風景写真がぐんとよくなります。

・景色の全体をフレームに入れようとしない
よくやってしまうのが目に見えている景色全体を
写真に撮ろうとしてしまうことです。写せる範囲は
決まっているので全体を入れることはできません。
全体を撮ってしまうと何に感動した写真なのかわかり
辛くなりとてもぼやけた(ピントではなくテーマの)
写真になってしまいます。
ですから、何に感動したかを感じてそのポイントを
ピックアップして撮影しましょう。
これだけで何を撮りたいかが明確になって
ぼやけた写真ではなくなります。

・真ん中に持って来すぎない!!
なんでもかんでも写真の真ん中に写してしまうと
写真がありきたりになります。
大きな空の写真で広がりのある写真なら
空を多めに地面や水面などを少なめに配置した
写真を撮ります。反対の場合は逆です。

・風景全体にピントを合わせる
絞りの値(F値)を真ん中くらい8~9に
すると全体にピントが合うのでシャープな
風景写真を撮る事ができます。
風景全体にピントが合い広々とした
景色の写真が撮れます

・手前の木や対象物にピントを合わせる
絞りの値(F値)を小さくすると
焦点をあてたところにピントが合うので
手前の木をハッキリと撮影して空をぼかす
のであれば有効です。
ただ、広い景色を撮影するのであれば奥の方を
ぼかしてしまうとあまり広さは伝わらないでしょう。

・時間帯を変えてみる
同じ場所で撮影しても時間帯によって
色合いが変わるのでまた全然違う雰囲気の
景色の写真が撮れますよ
自然光のライトアップで色々なパターンの
風景写真がとれます。
*山の風景写真の場合は夕方以降の撮影は
やめて下さいたいへん危険です。

・ホワイトバランスを調整する
ホワイトバランスで色の調整ができる
カメラであれば、色々変更して写真を撮るのも
おもしろいですよ。数値を変えて写真を撮影
することで味わいの違った写真が撮れます。

いくつか風景写真の撮り方のポイントを
紹介してみました。
楽しく風景写真が撮れるよう参考に
なれば幸いです。

風景写真がうまく撮れるように
なると色々な場所に行って撮影してみたく
なって出かける楽しみが増えますよ^^
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。